あの『キャッツ』に1,100回以上出演!劇団四季出身講師のレッスンをリポート!【XPACE風音舎】

みなさん、ミュージカルを観に行ったことはありますか?

ミュージカルを観たことがないという人でも、「劇団四季」という名前を知ってる人は多いのではないでしょうか。

そうです、日本を代表する演劇のプロ集団。その劇団四季で活躍していたダンサーが、大正区のスタジオでレッスン講師をされているという情報をいただき、取材させていただきました!

私にとっては憧れでしかない世界、その世界にいた方にお会いできるとは!嬉しさとワクワクの前に緊張が走ります。

その先生とレッスンの様子を、ライター西浦が紹介させていただきます。

 

 

「XPACE風音舎」の蔡先生

XPACE風音舎(エクスペース フウオンシャ)の代表、蔡 暁強(サイ シャオチャン)先生です。

劇団四季の出身! 有名な「キャッツ」という作品に、なんと1,100回以上も出演したという経歴の持ち主。 退団後は、東宝ミュージカル、ホリプロミュージカルにも出演経験あり。

主に、ジャズダンス・シアター・コンテンポラリーを得意とするダンサーであり、講師であります。その他ダンス公演の総合演出、振付など、多方面で活躍されています。

他にも、大阪芸術大学の客員准教授であり、梅花女子大学歌劇団のダンス講師、ワークショップ(特別レッスン)のゲスト講師としても北海道から福岡まで全国を回っておられます。

作品を作ることにも興味があり、毎年、XPACE風音舎主催の公演も開催されていました。昨年は公演もワークショップも中止となってしまいましたが、最近は自ら演出した動画を配信されています。

そして、蔡先生は、なんと、コロナの中心となった、あの武漢の出身でございます。今は逆に「日本大丈夫?」と聞かれるそうですよ笑 まだまだ大変な日本ですが、この旬な話題に一瞬笑いが起こりました。

 

 

レギュラークラスのレッスンをreport!

レッスンを受けられてたのは、基礎を学んでいる生徒さんたち。皆さん真剣です。高校を卒業して、ミュージカル俳優を目指してる方が多いそうです。

 

 

そして先生の動きは軽やかでしなやかです。もうキャッツの役が目に浮かんでしまうほど、美しい!

 

 

レッスンって、めちゃ厳しそう・・・・と思って見ていましたが、

 

 

厳しい中にも、実は笑いあり! ゆるめたり、しめたり、先生の持った雰囲気で楽しくレッスンされていました。さすがですね!

 

 

 

蔡先生にお話を聞かせていただきました

日本に来られたきっかけは?

劇団四季です。

もともと武漢の芸術学校でダンスを勉強していました。

まだ中国ではミュージカルが広がっていない頃で、ちょうど中国で劇団四季の支部を作りたいという時期でした。

中国の俳優と中国のスタッフで1つの作品を作ることになり、劇団四季の「美女と野獣」のオーディションがありました。それに合格したのがきっかけです。

将来的には、中国支部を作って活躍する人材を育てたいということで、そこで選ばれた人が日本に来て勉強するというプロジェクトの一員に選ばれ、劇団四季に入団しました。

 

すごく大きなきっかけですよね。オーディションに合格した上に、選抜メンバーに選ばれるって、さらっと話してくれましたが、すごすぎます!! 入団後は、キャッツをはじめ、ソング&ダンス2、マンマ・ミーア!などの公演でも活躍されてました。もしかしたら、その公演を観てた人がいるかもですね。そこから7年間在籍されてたそうですが、何がきっかけで離れることになったのか?気になる退団の理由も聞いちゃいました。

 

劇団四季を退団された理由は?

ほぼずっとキャッツで、全部で1,100回以上の公演をこなしていて、毎週7,8回の公演が2、3ヶ月続き、東京、静岡、大阪、神戸、広島、福岡など、多い時は、1年間に297回出演しました。大阪のキャッツは2年続きましたね。

あと、旅公演で小さな都市も色々まわりました。今日はここ、明日はここ、1日休んで明後日はここ、で、半年間自宅に帰れないことが普通だったり。

ずっとこの作品で、役も同じで。。。

役がやりたくないという訳ではないのですが。。。

元々ダンスの専門学校を卒業して、ダンスメインで勉強して来てるので、ダンスのことをもっともっと勉強したい!

やっぱり年を取っていくと、だんだん踊れなくなるじゃないですか、その時に自分がダンスから離れたくないと思ったから、劇団四季を出て、違う世界の色んなダンスやジャンルや作品を勉強して、踊れなくても教えたり、作ったり、プロデュースしたり、活動の場を広げて行きたいと思ったからですね。

 

同じ役で1,100回も!!私には想像できません。毎日、毎週、毎月、毎年…いろんな意味で驚きました。観る側からしたら、辞めるのはもったいない!って思ってたのですが、お話を聞いた瞬間、納得してしまいました。もう、どこが家なのか分かりませんね笑  すごい事なのですが、このまま一生続くのか?と思うと、ゾッとしてしまう時は来ますよね・・・

思い切った決断だったと思いますが、蔡先生の好奇心と才能がその後こんな幅広く色んなところで生かされているわけですので、これもまたタイミングですよね。

 

なぜ大阪で?

劇団を退団後、1回東京から離れたいという気持ちがありました。その時一緒だった後輩が、「関西は生活しやすくていーよ」と教えてくれました。

後輩は神戸出身だったのですが、その流れで3日間、彼の実家に泊まって、神戸や大阪を案内してくれました。とても楽しかったのです。

仕事をするなら東京がいいとは思うのですが、芸術で、作品を作るには、もうちょっとゆったりがいいなぁと思いました。考える環境としては大阪の雰囲気がいいなと思ったので、大阪を拠点に決めました。

 

大正区との出会いは偶然!

スタジオを探してる時、最初に谷四の物件を見に行ったのですがちょっと狭くて、どーしようかなと悩んでたんです。その谷四のビルのオーナーがたまたま、レンスペ大正のオーナーである平和住建さんだったんです!

担当の村上さんに、実は大正に広いスタジオが出来るというお話を聞き、見に行ったらすごく広くて、すぐに決めました。この広さはとてもありがたいです。

ちょうどレンスペさんができる時だったんですね!大正区とのご縁も、ほんとたまたまで、このきっかけも面白い! 生徒さんは、大阪、神戸、京都、奈良からも来られてるそうです。せっかくなので、地元大正区からも、ミュージカル俳優を目指す方が来てくれたらいいですね。

 

 

 

プロになるために必要なことは?

やっぱり、レッスンで自分のレベルをどんどん上げていかないと、オーディションを受けることも難しいです。

ミュージカルの中でも、歌ったり、踊ったり、自分の得意分野によって、目指す分野が違います。受けるオーディションの採点も違うし、作品も変わってくる。

ダンサー希望のオーディションは、ダンスメインで見るんです。どんなに歌えたとしても、ダンス枠だから、ダンスはこのレベルに達しないといけないという基準があります。歌も同じですね。本当は両方できないといけないんだけれど。

 

レベルに合わせたレッスンを!

小学生、中学生、高校生、高校卒業してミュージカル俳優を目指している人、初級コースから、プロコースまで、レベルに合わせたレッスンを受けることができます。

体験レッスンも可能です。プロコースに入るためにはオーディションがあります。

たまに、上のクラスの方も初心者クラスで基本を見直したり、初級クラスの人が上級クラスを体験し、自分の今のレベルでどこまで付いて行けるかを確認したり、さまざまな利用方法がありますよ。

■レッスン詳細は:ホームページでご確認ください

 

 

 

コロナのおかげ?表現の仕方が広がっている

YouTubeチャンネルはこちらから

「コロナで生の舞台の機会が少なくなってきてるから、何かの発信はしたい!」と思い立った蔡先生は、グリーンバックの布を買って、企画して、撮ることから編集するまで全部自分でやり始めたそうです。

コロナのせいか、おかげが?表現の仕方が広がってきてると思います。スマホ1つで色々なものが見れる時代、生の感動はあるけど、この団体、動画をきっかけに、ダンスや歌や作品に興味を持ってくれる方が増えるだろうな、増えたらいいなという考え方で、これからも定期的に作って行きたいです。

 

アイデアが素晴らしい。動画でも感動を与えてくれますね。ぜひチェックしてみてください!

 

 

XPACE風音舎のこれから

数年前は、中国の芸術大学へ短期で教えに行ったり、振り付けもしていました。
日本を拠点に活動していますが、これからまた、今やってることを、架け橋というか日本と中国、2つの国を繋げられたらいいなと思っています。

ジャンルに囚われず、僕自身のニュアンスで、心の赴くままに作品を作ったりしていますが、その中で目指していることがあります。

「これからを担う次世代ダンサー達の活躍できる場所・チャンスを増やしたい」
「どんな場所でも活躍できるダンサーを育てたい」
ということです。

僕たちXPACE風音舎は、ダンスを通じて、誰しもの心をもっともっと豊かにし、活気溢れる世界に貢献していきます! 今後のXPACE風音舎に、是非注目してみてくださいね。

レッスン・ワークショップについてはもちろん、個人レッスンやイベントのご相談など、規模の大小にかかわらず承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。 

 

 

取材を終えて

私にとっては別世界、とてもカッコいいレッスンを拝見させていただきました。いい緊張感の中でレッスンを受けられているように感じ、この空気感、さすがだなと思いました。

コロナの前は毎年、オリジナルのミュージカルだったり、ミュージカルの有名な曲で歌ったり踊ったりの蔡先生主催公演があったそうです。それは、発表会とは違って、オーディションで選ばれた人だけが出演できる舞台。とりあえず全員出られるわけではないのです。ここはやっぱり容赦無く厳しい世界だなって思いました。だからこそ、より感動を与えられる作品ができるのですよね。

「感動して心を癒されて頑張ろうって気持ちになってほしい。コロナが収まったら、年末くらいに公演できたらいいな。」とおっしゃっていました。

ぜひ年末に、本番の舞台を見に行きたいです。今後のXPACE風音舎さんのご活躍をとても楽しみにしています。

 

 

【お邪魔したスクール】


XPACE風音舎(エクスペース フウオンシャ)
■レッスン時間 :ホームページでご確認ください
■お問い合わせはこちらから

■レッスンスタジオ(レンスペ大正)
住 所:大阪市大正区三軒家東5-6-7 4F

大正LaboLINE公式アカウント
LINE 友だち募集中
close-link