店内はまるでおもちゃ箱!?大正区平尾で多国の料理を楽しめるレストラン【Twenty Heaven Restaurant】

こんにちは!大正Laboライター西浦です。

大正区平尾、沖縄料理店が多いこのエリアに、アジアを中心とした、いろんな国の料理を楽しめるお店があります。

多国の料理を1店舗で楽しめるというのは嬉しいですね♪

いったいどんなメニューを楽しめるのでしょうか?

早速ご紹介させていただきます。

Twenty Heaven Restaurant(トゥエンティヘブンレストラン)

大正駅からは徒歩だと40分!大阪シティバスに乗って、「平尾」停留所からは徒歩3分の場所にあります。

お店の看板はありませんが・・・スカイブルーの鮮やかなDOORが目印!

 

信楽焼のたぬきさんがお出迎え!

 

店内にダルマ!?

デカすぎる物体に一瞬目を疑いましたが・・・正真正銘のダルマさんです。

木彫りのクマさんと、招き猫とパンダ・・・

むかし実家にあったなぁ〜というかなり日本らしい置物ばかりで驚かされました。

全て社長の趣味だそうです。

 

大きなダルマは、この小さいダルマより少し大きめのものを・・・とポチったら、まさかのドデカいのが届いたそうです。

そんな漫画みたいな話があるとはもう笑うしかありません。

そして返品しなかったのもすごいです(笑)

 

店内奥は、ブルーと黒のかっこいい空間。

元々は喫茶店跡地で、残されていた椅子やテーブル、ソファ席をオリジナルの色に塗り替え、素敵にいかされています。

さて、かっこいい空間と、日本感たっぷりのアイテムを組み合わせた方はこちら!

 

社長のKox Cheng(カックス チェン)さんと、スタッフのYuikaさん

カックスさんは、香港出身!

日本に来るまでは、3Dアニメーターの仕事をしていたという経歴の持ち主。テレビCMや日本でも有名なアニメの香港版ゲーム制作、ミュージックビデオ制作などをされてたそうです。飲食とはまた全然違う世界ですよね。

スタッフのYuikaさんは、以前は英会話スクールやインターナショナルスクールの講師という、またまた飲食とは結びつかない職業でした。今も飲食の傍ら、English Teacherとしても活動されています。

そして、お二人が、お店を始めることになったきっかけを聞かせていただきました。

 

大正区の平尾に出店したきっかけは?

良い間違いをしました(笑)

最初は大正駅前で探してたんですが、いいなと思った物件は先約があり・・・ 駅からはだいぶ離れてますがご縁がありご紹介いただきました。この辺りに飲食店が少なくて食べに行くところが欲しいというお声もあったので、決断しました。

 

ーーー地元の方のお声を聞いていただいたんですね。それは喜ばれたはず!!

 

「Twenty Heaven 」という店名の由来は?

社長が会社を設立しようと一念発起したのが27歳の時で、飲食店の屋号を打ち合わせした場所が香港のホテルの27階だったんです。

そこからの景色が素敵で、「ここ綺麗やな~天国みたいやな~」というheavenのような感動と、27という数字とを掛け合わせて名付けました。

 

 

香港ではなく、日本で出店した理由は?

子どもの時、香港では深夜に、日本のアニメが流れてて、ドラゴンボール、シティハンター、マジンガーZ、ジブリとかを見て育ってきたので、昔から日本に興味がありました。

ーーー 日本人よりも日本らしいものを集めるというルーツはここにあったのですね!

 

3Dアニメーターの仕事は続けようと思わなかったのですか?

以前の仕事も好きで楽しかったのですが、フェイクのものをリアルに見せていくことが仕事で、その裏には同じことの繰り返しの毎日でした。

いつの間にか、スクリーンの中だけでなくてリアルの世界で学びたいと思うようになっていました。

当時の同僚と明け方まで仕事をしていて、開いてる飲食店がなくて困った時に、3Dでレストランのイメージを考え始めたのが飲食を選んだきっかけかもしれません。

 

料理はどこで修行されたのですか?

香港で母が、飲茶と点心のレストランを経営していて、その味を食べて育ってきたというのが大きいですね。

また、両親とも忙しかったので、空腹を満たすには自分でなんとかするしかなかったので、必要に迫られて自然とご飯を作るようになって鍛えられました。

今はその味を、日本へ持ってきてスタッフに教えています。

 

「日本食」と「香港食」の違いで実感したことは?

日本の料理は鮮度の良いものが多くて、素材そのものの味をいかしていることがほとんどですが、香港は、食材が手元に届くまでに数日経過してることが多く、今日の素材のコンディションをみて、「これを一番いい状態でいただくにはどうしよう?」という感じで調理します。それが一番違うことですね、

 

ーーーなるほど!日本の食材はフレッシュなんですね。裏を返すと鮮度がなければ日本料理は難しいってことも言えますね。

そんなベースがある中で、香港に旅行に来ていたYuikaさんと出会って友達になったそうです。

 

なぜ英語の先生から飲食へ?

社長に「日本で飲食店を始めるにはどうしたらいい?」と相談されてて、いつの間にかうまいことハメられたという感じですね(笑)

レストランを始めることを応援するけれど、私は一緒には絶対やらないと言っってたんですけどね。

こんな毎日「いらっしゃいませ」と言ってるなんて・・・思ってもみなかったです。

 

ーーー いつも笑顔のゆいかさんは接客業にピッタリだなーって思いますよ。

 

多国籍料理のメニューはこちら

台湾、香港、中華、タイ、お刺身やステーキまで、多彩なメニューの数々!

いろいろありすぎで迷っちゃいますね。

それでは、おすすめを教えていただきましょう!

 

特にオススメのメニューは「コンジー(香港のお粥)

一見シンプルに見えますが、日本のお粥とはちょっと違います!

お粥は味気ないもの、風邪ひいた時に食べるもの、年配の方にとっては、戦争の時に食べたもの、という先入観がある人が多いですが、一度食べるとハマる人ばかりなんです。

 

混ぜるといろんな具材が入ってますよ!

香港のお粥は、鶏肉や干し貝柱などのダシを効かせたスープで煮込んだお粥です。しっかり味があり、消化が良く胃に優しいため、朝食の定番となっています。

最近では健康的なダイエット食として注目されていて、ランチにも夜食にも幅広く人気のメニューです。

 

ーーー こんな味のあるお粥は初めてかもです。一口目から美味しいです! 「お粥」と聞いただけで却下してしまいそうででしたが、これはまた食べたいです。

 

トマトとたまご炒め

こちらも香港で人気のメニューです。トマトと卵がこんな味になるんだーって感動してもらえると思います。これはお粥の次に食べてほしい一品です。

 

スモーキーダック

鴨の燻製です。お酒のアテにぴったりのメニューです!タマネギとトマトと一緒に食べるとまた最高ですよ。他にも燻製メニューを増やしていく予定です。

 

さっぱり冷やし中華

日本の冷やし中華からは想像できないと思いますが、生姜が効いてる出汁と細麺の相性抜群です。お肉も入って栄養満点で夏バテ予防にもおすすめです。

 

青椒肉絲

こちらは、ある日のランチメニューです。中華屋さんで食べるチンジャオロースとはまた違ったアレンジを加えています。無限に食べれるかもしれません笑。

■ランチは日替わりで数種より選んでいただけます。(850円〜1300円)

■モーニングは(480円〜650円)

その他、暑い日のメニュー、雨の日のだるさを吹き飛ばすメニューなど、薬膳ではないけれど、食事で健康に!を意識して、日本人好みの味で提供しています。

 

ーーー 健康も意識して作られているメニューはますます魅力的です!!

 

こんな遊び心のあるカクテルでも楽しませていただきました!

 

 

これからどんなお店にしていきたいですか?

皆さんにとっての癒しの場所、コンビニのような料理店になればいいなと思います。

飲みたい時にちょっと寄れて、あれ食べたいなーって思った時に食べたいものが出てきたり、ライブも開催していたり、いろんな要望に応えれるお店でありたいです。

10月ごろに、弁天町で2店舗目を出店予定です。

今のお店は、健康のことを考えた料理を出してますが、次のお店は、ハイカロリーでジャンキーなハンバーガーを食べながら、ガッツリ遊べるお店を考えています。

お楽しみに!

 

最後に

店内は「社長のおもちゃ部屋」とも言われているそうです。どこからか面白いものを見つけて、店内がどんどんもので溢れているとか。そんなアイデアや発想も面白いですね。

美味しい料理と、楽しい空間へぜひ寄ってみてくださいね。

 

【店舗情報】
多国籍料理店 Twenty Heaven Restaurant
住 所:大阪市大正区平尾4-7-12
電 話:06-4395-5699
営業時間 :
■モーニング 7:00〜L.O10:30
■ランチ11:00〜L.O13:30
■ディナー18:00〜L.O23:00
定休日:木曜
Instagram:@twenty.heaven.restaurant