【大正秘密基地 on:e Lab(ワンラボ)】完成まであと少し!DIY師匠と仲間たちで創るコワーキング&シェアハウス

こんにちは!ライター西浦です。

先月ご紹介しました、大正秘密基地 on:e Lab (ワンラボ)の記事を見て、見学やお問い合わせ、DIYのお手伝いにも来ていただけたと嬉しい声をいただきました。

大正Laboでもまだまだ取材を続けておりますが、この1ヶ月余りでビックリするくらいDIYが進み、完成に近づいております。

若手メンバーやボランティアが協力し、その陰にはDIY師匠遠藤夫婦をはじめとする強力なサポート陣の存在も。本日は、気になるその様子をご紹介いたします。

 

on:e Labの場所は、大正区の三泉商店街

ヤスイデンキさんの2階と3階部分です。向かって左側に入り口があります。階段を上がって2階へ。

平日は仕事終わりに集まったり、色んなメンバーが入れ替わりで土日をメインに作業は行われています。

 

隙間時間にDIY

キッチンを設置、電気工事、設備工事、間仕切り工事などは工務店さんにお願いしています。

工事内容によってDIYで進めておくべきことが決まってくるので、工務店さんと綿密に打ち合わせをして進めているそうです。

工事の隙間にDIYを行なっています。

では早速、現場をラボします!

 

 

まずは、

2階入口、廊下の壁

壁の1回塗りが完了。壁にペンキを塗る前に、グリーンのテープとシートが一体化した「マスカー」で養生しています。

この存在を初めて知ったのですが、マスキングテープと養生シートを一体化させた養生資材だそうです。マスカーめちゃ便利ですね。

 

 

on:e Labリーダーの平松さん。ペンキを全身で浴びながら頑張っています。大人の先輩たちにご指導いただき、参加者に指示を出しまとめるという重要な役割。

 

 

 

こちらは、on:e Labの母、川幡さん作。アート作品のような壁に仕上がっています。この感じ好きです。
「昔、左官屋のにいちゃんが壁に塗っていたのを口を開けてずっと見ていた・・・」というあの時の塗りを実現されたんだそうです。

ジョリパットという、スフレ状に練られた塗材をコテにのせて壁に塗っていきます。直線や扇形などをパターン付けしていくので全く同じものはない、世界に1つだけの壁!!めちゃ素敵。

 

 

【2F  コワーキングスペース】キッチン・リビングルーム

隣のお家に音が響かないように防音素材を貼り付けています。タッカーという大きいホッチキスのようなものを使って。親子の共同作業、いいですね。

この上にはプラスターボードを貼ります。

 

プラスターボードを貼った壁の板の継ぎ目にはパテを塗って平らにし、ペンキを塗る準備ができました。床には防音シートを貼っています。

 

 

壁塗装と天井の2度塗り。たくさんの人数でやると進みが早ですね。そして楽しそう!!

 

 

床にはクッションフロアを。端からシワがないように押しながら貼る作業、こちらもみんなで一気に進めます。等間隔に並んで作業している光景がちょっと面白い。

 

キッチンに、バーカウンターの取り付け。 ここでDIY師匠、遠藤シュウさんの登場です!

買ってきたものを組み立てているのかと思いましたが、なんとこのフレーム製作からDIY師匠によるもの!! 設計担当の意向をくんで事前に製作してくれていたそうです。素人のレベルを超えていますね。

 

そしてバーカウンター完成!!めっちゃカッコイイのが出来上がりました。これはすごい!テンション上がりますね。

密かに「on:e Lab」のプレートもあります。ここからさらにどんな雰囲気になっていくのか楽しみです。

 

 

【2F  コワーキングスペース】和室

和室のペンキ塗り。設計担当の太田さんが思いを込めて塗っています。色味を気にしていましたが、くすみカラー、めっちゃ素敵な色やと思います。

 

こんな作業も必要なんですね。工務店並みの難しい作業はDIY師匠の出番です。まさに縁の下の力持ち的存在。黙々と手際がいいです。

 

 

畳を敷いて和室が完成です!襖を生かした和モダンなスペース、落ち着きますね。お手入れのことも考えてコンパクトな畳が敷かれています。

 

 

 

【3F シェアハウス 】階段の壁

ペンキを塗る前に、元々貼られていた壁紙を剥がす作業。地味ですが綺麗な壁にするにはとっても重要なこと。「のきさきあるこ」メンバーさんもお手伝い。やっぱり器用です!キレイに剥がせたら気持ちいいですね。

 

壁紙を剥がした後、パテをぬり凹んだ部分を埋めて平らにする作業。こちらも地味に大変。高い天井までは背伸びしてもさすがに届かない・・・。背の高い人でも限界がありますよね。何かいい方法はあるのでしょうか。

 

パテが固まったあとを滑らかにする研磨。のきさき最年少・村瀬くんは先輩に教えてもらいながらも見事な手さばき!素質あります!!自作のフェイスシールドもかなりお役立ちですね。

 

 

 

【3F シェアハウス 】住居スペース

個室の床を作る作業。床の下地から、防音処理、その上に板を敷いていきます。難しい作業はやっぱりDIY師匠にお任せです。

 

 

天井作りも師匠の技。そして、もう一人のDIY師匠(奥様の遠藤えみさん)が断熱材を天井の隙間に詰め込んでいる作業です。これを入れないと冬は寒くて夏は暑いんだそう。
トランクに洋服を押し込む感じでギュッギュっと入れていきます。ただ敷くのではなく詰め込むんですね。これにはコツがいるそうです。

それにしても天井を向いてひたすらこの作業を続けるのはかなり大変。そんな作業のあとには、

 

 

素晴らしい光景!!すごい量の断熱材が詰め込まれました。この1枚の画像で全てを感じ取れます。DIY師匠遠藤夫婦の、血と汗の結晶ですね。感動です!!

 

 

断熱材が入った天井にプラスターボードを貼っていきます。ここからは若者たちの共同作業。ズレないようにバランスをとりながらは意外と難しいようですよ。

 

 

プラスターボードをビス留め。職人っぽいです。

 

 

プラスターボードを貼ったら、隙間をパテで埋めます。塗るってなんだか楽しそうですが、やっぱり地味で根気のいる作業です。一人では心折れそうですが、仲間と一緒は進みが早いです。

 

 

 

屋上では、網戸張り替え作業が行われていました。使えない網戸は取り外し、使える網戸は網戸ごとスポンジで洗って綺麗にしてから貼り替えます。

ピンと貼るためには2人の共同作業が必要です。網戸職人になれそうですね。

 

 

建具や障子も綺麗にしてアップサイクル!

 

障子の貼り替えって年末の雰囲気も感じますが、若者たちには貴重な経験!綺麗に貼れましたね。

 

 

【3F シェアハウス 】洗面スペース

めっちゃかわいい!いろんなものを組み合わせて作られています。洗面所の壁は水がかかっても安心な素材。トイレの照明にも癒されますよ。

DIYの進捗、本日はここまで。

 

みんなで作業を頑張った後には、毎回、オカンのまかないが待っています!!栄養と愛情たっぷり。これをいただきながら若者たちの構想がさらに膨らみます。

 

 

【3F シェアハウス】2戸の入居者募集中です!

《家賃》
■Room1〜3(約6畳)45,000円
■Room4〜5(約4畳)35,000円
■共益費(水道・光熱費、ネットなど)12,000円程度

※5戸中、3戸は入居者が決まりました。

※詳細はこちらまでお問い合わせください。

 

 

11月21日(日) on:e Lab お披露目会を開催!

  • 時間:13時〜17時まで
  • 13時半と15時半にルームツアーを行います。

メール、お電話にてできるだけ事前予約をお願いします。

 

さらに完成間近のワンラボをお楽しみに!!

ご興味のある方、ちょと気になっている方も、ぜひこの機会に覗いて見てくださいね。

 

取材を終えて

毎週、少しずつ作業を進め一歩づつ完成に近づいている、そんな様子を伺うのが楽しいです。

DIYって面白い!ちょっとお手伝いしただけの私が言うのもなんですが、やっぱりみんなで協力することで進み方も違うし、何よりすごくやりがいがを感じました。

その作業の合間には、大人の先輩たちと若手とのちょっとした葛藤もある。ジェネレーションギャップもある。でもそこをうまく引っ張ってくれているというDIY師匠遠藤夫婦の存在がありました。それぞれの成長があり、世代を超えて、たくさんの人達と助け合い創り出す仲間は最高ですね。

ぜひ、今後のワンラボの活動もお楽しみに!

 

【お邪魔したお店】
on:e Lab(ワンラボ)
住 所:大阪市大正区三軒家西2-13-19 2階・3階(1階ヤスイ電気さん)
電話 : 080-3684-2026
■大正駅から徒歩6分