梅雨時期の不調を解消しませんか?【YOGA studio SALA】

こんにちは! YOGA studio SALAのKazumiです。

この時期になると、気圧や天候の変化で頭痛やめまい、眠気、ダルさ、肩が凝るなど身体の不調を訴える方も多いのでは?

実は女性の6割の方が不調を感じています。

今回は、そんな不調を解消し、身体と頭がスッキリするヨガポーズや、おすすめのアロマをご紹介いたします。

 

梅雨時期の不調はなぜ起こる?

①自律神経の乱れ

身体の調子を整える自律神経。

通常なら日中は交感神経が優位なところ、天候が悪くなると副交感神経が優位になります。

副交感神経は、緊張をほぐして身体をリラックスさせてくれる働きがあり、脈拍はゆっくりになり血圧は下がります。そのため、身体がお休みモードになり、眠気やだるさ、やる気が出ない、頭がボーッとするなどの症状が出やすくなります。

②細胞の拡張

気圧の変化はまず体に物理的な影響を及ぼします。

人の体は水分が多く、細胞内の水分は圧力の低い空気中へ向かおうとするため膨張し、むくみや血圧が下がる一因に。

頭の血管が膨張すれば頭痛、喉の血管が膨張すれば喘息という症状にも繋がってしまいます。

筋肉が膨張することで肩こりなどの症状も出やすくなります。

 

③湿気の多さ

私たちの身体は、汗をかく事で体温の調整をしますが、湿度が高い状態が続くと体内から水分が出ていきにくくなり、むくみの症状として現れます。

また体内に溜まった熱が発散されにくく熱がこもりやすくなるので胃腸消化器系にも負担をかけ、胃もたれや食欲不振などの症状も起こりやすくなります。

 

そんな不調を少しでも吹き飛ばしましょう!

 

梅雨時期おすすめのアロマ

スッキリ系の香りのアロマオイルがオススメ!

  • グレープフルーツ(柑橘系の香りは沈んだ気分を明るくさせてくれます)
  • ペパーミント(気持ちをリフレッシュしたい時に最適)
  • ローズマリー(脳に活力を与えシャキッと元気にしてくれます)

 

梅雨の不調に効くヨガポーズ

キャット&カウ(猫と牛のポーズ)

背中を丸めた猫が由来の「キャットポーズ」と、背中を反らす牛をイメージした「カウポーズ」がセットになっており、深い呼吸とともに背中を丸めたり反ったりする事で血流を促進し自律神経を整える効果があります。

❶四つん這いの状態で両手を肩幅に開き、肩の真下に手を置きます。足は腰幅に開いて膝が股関節の真下に来るようにし、つま先を立てます。

❷息をゆっくり吐きながら背中を丸め、お腹を覗き込むように頭を腕の中に入れていきます。

 

❸ 息を吐き切ったら、今度は息を吸いながら背中を反らしていき、頭と尾骨を天井の方に高く突き出していきます。目線も上の方を見ます。

 

これを呼吸に合わせて5〜10回行います。

 

マツヤアーサナ(魚のポーズ)

頭頂部の百会(ひゃくえ)のツボを刺激して全身の血流の巡りを促進し、背骨を反らせて交感神経を刺激することで、自律神経が整い、活力を得られるポーズです。

❶ 仰向けで寝た状態で両手をお尻の下に敷き、手の平は下向きにします。

❷息を吸いながら腕で床を押し付けるようにして、アゴと胸を天井に突き上げ、頭頂部を床につけて背骨を反らせます。3~5呼吸程度ゆっくり呼吸をした後、静かに元の状態に戻ります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

特に今の時期は、適度に身体を動かすことで、滞った体内の余分な水分や老廃物をしっかり流すことが大切です。

ヨガは筋肉や関節に刺激を与えるとともに、深い呼吸を連動することで自律神経のバランスを整え、心身の活性化をもたらすには最適♪

身体のだるさや重さを感じるときには、できる範囲で日常生活に少しずつ、ヨガを取り入れましょう。

ぜひ、猫と牛のポーズ、魚のポーズを試してみてくださいね。

 

【店舗情報】
YOGA studio SALA (ヨガスタジオ  サラ)
住 所:大阪市大正区泉尾2-12-16 尼一マンション2階(カフェhonuさんの2階)
電話番号:090-6736-3858
営業時間 :10:00〜(レッスンスケジュールはブログでご確認ください)
定休日:月曜日
最新情報はInstagramにて @sala.yoga.studio