良い眠りのために「安眠ヨガ」で全身の疲れを癒しましょう【YOGA studio SALA】

こんにちは! YOGA studio SALAのKazumiです。

新生活がスタートして、気を張り詰めた状態で頑張りすぎていませんか?

身体が緊張状態にあると交感神経が優位になり眠りにつきにくくなったり、寝ても疲れが取れないと言うことになってしまいます。

大切な睡眠の役割はたくさんあるのですが、今回はそのうちの1つをご紹介します。

 

睡眠の役割

その1つは、私たちが眠っている間に成長ホルモンが分泌されることです。

子供の年代であれば身体を成長させ、大人であれば成長ホルモンが身体を修復したり、回復させる働きがあります。

成長ホルモンは、眠りについてから3時間でピークを迎えますので、その時間はすごく大事です。

質の高い睡眠をとることで免疫力もアップし、翌日も元気に過ごせますので、そのためにおすすめのヨガポーズをお伝えいたします。

 

1日の疲れを取るヨガポーズ

股関節をストレッチする事で老廃物の排出をし、デトックス効果が期待できます。

寝る前にベッドの上でもできるので1日の疲れを癒してから眠りにつきましょう。

ポーズ ①(右脚)

まず両脚を揃え、右膝を曲げ両手で右膝を持ち胸に引き寄せます。ゆったりした呼吸で行います。5呼吸。

 

ポーズ ②(右脚)

おへそを天井へ向けたまま右膝を外へ開き右膝は右の耳に引き寄せるようにします。

左手は骨盤のあたりに置き、伸ばしている左足が浮かないようにします。5呼吸。

 

ポーズ ③(右脚)

右膝を左手で持ち左側へ倒し、右手は肩と同じ高さにし目線も右側を見るようにします。目を閉じでもOK。

余分な力は抜いて呼吸はゆったりした呼吸で気持ちよく伸ばしていきましょう。5呼吸。

 

反対側(左脚)も同様に行います。

 

ポーズ ④

両膝をたて、膝を開き足の裏を合わせます。手は体側の横へ。

自分の足の重みで鼠蹊部を伸ばします。5呼吸。

 

ポーズ ⑤

両膝を抱えて左右にゆらゆら。ご自分の好きなだけしてもらって大丈夫です。

 

最後は全身脱力

両手両脚を開放して足は肩幅より広めに開き全身脱力。

屍のポーズ(シャバーサナ)でおやすみします。

おつかれさまでした♪

 

まとめ

「1日の疲れを取るヨガポーズ」いかがでしたでしょうか。

リラックスして行うことにより、ストレスからの筋緊張が解放され、副交感神経が優位になり良い睡眠へ導きます。

眠ることを後回しにせず、1日頑張ったご自身の身体を癒してから眠りましょう。

寝つきが悪い、寝ても疲れが取れにくいなぁと感じた時、ぜひ試してみてくださいね。

 

【店舗情報】
YOGA studio SALA (ヨガスタジオ  サラ)
住 所:大阪市大正区泉尾2-12-16 尼一マンション2階(カフェhonuさんの2階)
電話番号:090-6736-3858
営業時間 :10:00〜(レッスンスケジュールはブログでご確認ください)
定休日:月曜日
最新情報はInstagramにて @sala.yoga.studio