叔母から受け継いだ魔法のお花”プリザーブドフラワー”で癒しの時間を届けたい【hannari】

こんにちは!大正Laboライター西浦です。

お花の登場するシーンが多い季節♪ 生花はもちろんですが、最近とても身近になっている”プリザーブドフラワー”の存在も知っていますか?

枯れないけど造花じゃない、そんな長期間楽しめる魔法のお花を使ったギフトの制作販売やレッスン、ワークショップも開催されているお店を取材させていただきました。

 

プリザーブドフラワー hannari(はんなり)さん

大きなガラスの扉がレトロですね。

場所は、大正区小林西。なかなか通りがからない大正区の奥の方、だけどなんか知ってる道!と思ったら、

 

先日紹介させていただいた「大阪東洋珈琲」さんと目と鼻の先でした!たまたまですが、近すぎてこのエリアにご縁を感じます。

 

ガラスの扉を開けて早速お邪魔します。

 

かわいらしい作品が並ぶ店内

鮮やかなお花を見ると、気持ちも明るくなりますね。雑貨とのコラボもかわいいです。

 

なんとも言えないこの淡い感じはプリザーブドフラワーならではですね。めちゃ好みです。

 

壁にも! こうやってずっと飾っていられるのもいいですよね。

プリザーブドフラワーとは

生花を長期間楽しめるように保存加工(プリザーブド加工)を施したお花のことを言います。

お花が最も美しく華やかに咲いた時期に色素を抜き、特殊な染料を吸わせます。そのため、 花そのもののみずみずしさを保ち、柔らかで、まるで生花のような自然な仕上がりとなります。 カラーバリエーションも豊富で、枯れることがなく水やりの必要もないことが大きな特徴です。

1年を通して気候の変化が激しく、湿気の多い日本では、プリザーブドフラワーは長くても5年くらいが寿命と言われているけれど、そこから味が出てずっと飾られている方もおられます。

 

プリザーブドフラワーの事やごhannariさんについてお話を伺いました。

 

hannariオーナーの吉山 亜優美さん

(右:亜優美さん 左:妹の渡邊 敦美さん)

生まれも育ちも大正区の亜優美さん。一度は野田に引っ越しされたそうですが、大正の人は大正区に戻ってくるという習性?どおりに大好きな大正区に戻ってきたそうです。

ほんとに大正区あるあるですね、笑。

お店をオープンして6年目、今は妹さんにもお手伝いしてもらっているそう。お二人ともとっても優しくて話してるだけで癒されます。まさに”はんなり”な姉妹。

 

「プリザーブドフラワー」をはじめったきっかけは?

叔母がプリザーブドフラワーの講師をしていて、母の日に向けて商品を作るから手伝ってと言われたのが始まりです。

全然器用でもないのですが、手伝っているうちに自分でもびっくりするくらいお花に癒されて、楽しくて。そこから自分でも「プリザーブドフラワー」のお仕事をやっていきたい!って思いました。

 

ーーー叔母さんのお手伝いからだったんですね。きっかけは身近であっても、続けていくことや、独立するってやっぱりすごいなーって思います。お花パワーも大きかったんですね。

 

おじいちゃんの夢も受け継いで。

この場所は、元々おじいちゃんの物件だったんです。そこを叔母が受け継いで、私の代になり、そして今は妹にも手伝ってもらっています。

おじいちゃんには「この場所でみんなが集まって何かできたらいいね」と言う夢があったみたいなので、少しずつですがおじいちゃんの夢にも近づけてるかなと思ってます。

自分達でDIYして壁を塗ったり、床も貼ったりしています。この机も実はクローゼットの扉です笑。

 

ーーー ナチュラルな店内、床もDIYだったんですね。木の風合いがとてもいい感じです。机はまさかの!こんなちょうどいいサイズになるとはナイスです。

そしておじいちゃんの夢まで叶えられて素敵すぎます。きっと喜ばれてますね。

 

プリザーブドフラワーの魅力は?

色が多彩なことですね。現実にはない色を楽しむこともできます。

そしてアレンジしながらすごく癒されるんです。私はモノを作るということは得意じゃなかったんですが、プリザーブドはすごく夢中になれるというか、その癒しが一番の魅力かもしれません。

自分が作った作品を喜んでいただけることもすごく嬉しくて、お花をやってることでたくさんの方に出会えたことも感謝ですね。

 

 

どんな商品がありますか?

プレゼントとしておすすめなのは、アレンジメントですね。結婚記念日、誕生日プレゼントなど、大切な人への贈り物は、その方の雰囲気やご予算に応じでオーダーしていただけます。

 

結婚のお祝いにはフォトフレームが人気です。

自分でレッスンして作ったものを贈られている方もいますよ。

 

母の日にはカーネンションをメインにしたもので♪

 

数年前にすごくブームだった「ハーバリウム」今はインテリアフラワーの主流となっています。

 

ハーバリウムは、

プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラスの小瓶に入れ、保存用の専用オイルに浸して作られています。

こうすることで、お花本来の瑞々しさを長期間保つことができ、面倒なお手入れは不要です。

暗い部屋でハーバリウムのガラスボトルに光を当てれば、幻想的なお花の姿を楽しむこともできます。

小さい子も作れるので、亜優美さんの娘ちゃんは、なんと夏休みの自由研究にされたんだそう。めちゃ洒落てますね。

 

お正月のしめ縄もこんなおしゃれに!! これだったら飾りたいですよね。年中使えそう。

他にも、結婚式のブーケ、ヘッドアクセサリー、出産祝いにはベビーシューズ、送別・退職祝い、お悔やみやお供え向けにもオーダー可能です。(2,000円〜)

 

 

 

ワークショップも開催!

アレンジメントやハーバリウム、年末にはしめ縄を作ったり、月毎にいろんなレッスン内容を準備中です。

 

こんな可愛いギフトボックスも!

その他、ご自身の作りたいものがあれば、オーダーメイドのレッスンも可能ですよ。

自分は不器用だからって思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、楽しむことが一番だと思うので、安心して気軽に参加していただけると嬉しいです。

詳細は @hannari.1106でお知らせします。

(DMかお電話にてご相談ください。)

 

これからどんなお店にしていきたいですか?

「みんなが集まれる憩いの場所」としてやっていきたいなぁと思っています。

誰かのために、ご自身のために素敵な作品を作れたり、みんなが楽しめる空間。

大正区の奥地ですが、ぜひプリザーブドフラワーに癒されに来てください。

 

取材を終えて

プリザーブドフラワーのギフトは見ているだけでも楽しかったです。なんといっても生花にはない色のお花を選べたり、お手入れがいらないってのも魅力的ですね。

デザイン性が高くて、こんなに様々なシーンで活躍するとは、どんなものを贈ろうか、これからプレゼントの幅が広がります。

母の日のプレゼントがまだの方、大切な方へのギフトにぜひ!

 

【店舗情報】
プリザーブドフラワー hannari(はんなり)
住 所:大阪市大正区小林西2-15-37
電話番号:080-2535-7780
営業時間:10:00~15:00
定休日:土・日
Instagram @hannari.1106