マスクを外すと老けてませんか!? 表情筋を鍛えて、たるみ・ほうれい線を撃退しましょう!【YOGA studio SALA】

こんにちは! YOGA studio SALAのKazumiです。

マスク生活が続く毎日

マスクを外すと…あれ?こんな顔だったっけ?ってびっくりしたことはありませんか?

今回は、口元のたるみやほうれい線が気になる方へ、表情筋を鍛えるトレーニングをお伝えいたします!

 

 

表情筋はマスク生活でも低下している可能性が!

マスクをつけていると、顔の筋肉が動かしづらいため、モゴモゴと口を小さく動かして会話をしてしまうケースも多いでしょう。そうした習慣は、表情筋がさらに衰える原因につながります。

マスク生活で「ほうれい線が気になる」「外出が減って家族以外との会話が少なくなる」「喋る機会の減少」も口まわりの表情筋が衰える可能性が高まります。

 

ほうれい線は、頬のたるみによって徐々に刻まれていきます。

頬がたるむ原因のひとつとして、表情筋の低下が挙げられます。

口角から耳にかけて存在する大頬骨筋(だいきょうこつきん)と、上唇の上部から目尻にかけて存在する小頬骨筋(しょうきょうこつきん)の2つが、頬の皮膚を支えています。

■大頬骨筋とは・・・

口角から側頭部に繋がる表情筋のひとつです。 口角をキュッと上向きに引き上げる働きがあり、若々しい印象には大頬骨筋の動きが欠かせません。

■小頬骨筋とは・・・

口の周辺にある筋肉で、上唇の上からこめかみ方向に繋がっています。小頬骨筋には上唇をこめかみ方向に引き上げる働きがあり、キュッとリフトアップした頬や口角も、この小頬骨筋の働きが関係しています。

口元の動きが減って表情筋が衰えると、頬のたるみや口角の下がりに繋がることも!

マスクを外したときの口元のたるみが気になる人は、表情筋を鍛えるトレーニングを取り入れてみましょう。

 

 

表情筋を鍛える顔トレで、ほうれい線ケア

① 口を「う」1秒、「い」1秒を、交互30

 

 

② 口を「お」1秒、「う」1秒を、交互30

 

 

③ ほうれい線を舌先で押し出す

ほうれい線を下から押し出す感じで、ほっぺがプクと膨らむ程度に。

左右交互1秒を10回(左右5回ずつ)回数増やしてもOKです。

簡単なので、マスクをしたままこっそりできます。

 

④ 口をしっかり閉じて、外側の歯茎をなぞるように時計回りで4周舌を回す。

反対回しも同様に4周。

ゆっくりするとジワジワ効きますよ!

 

 

⑤ 終わった後は、上を向き首のストレッチ

以上です♪

まだまだ続くマスク生活ですが、是非「顔トレ」も毎日の習慣にしてみてくださいね。続けていくと、頬のあたりのスッキリ感を実感していただけると思います。

マスクを取っても口角が上がった笑顔が素敵な顔になりましょう

 

【店舗情報】
YOGA studio SALA (ヨガスタジオ  サラ)
住 所:大阪市大正区泉尾2-12-16 尼一マンション2階(カフェhonuさんの2階)
電話番号:090-6736-3858
営業時間 :10:00〜(レッスンスケジュールはブログでご確認ください)
定休日:月曜日
最新情報はInstagramにて @sala.yoga.studio